Googleアカウント作成方法・本名・年齢・電話番号は?2019年新登録フォームの解説

Googleアカウント新規

2019年版・新フォーマットでの登録を図解で紹介します。

登録は、
「本名以外もOK」「電話番号も不要」「年齢表記」はありません。

以下、順を追って解説します。

ネットビジネスでGoogleのサービスは外せません。様々なサービスが、しかも無料で、ビジネスに有効なツールやシステムがたくさん利用できます。

それでは具体的にGoogle『アカウントの取得』『名前の変更』から『アカウント削除』まで、順を追って解説します。

Googleアカウントの登録手順

検索に「グーグルアカウント」と打ち込んで検索をしますと、上位に出てきます。

『Googleアカウントの作成-Google Accounts』

こちらをクリックします。

Googleアカウント登録サイト

こちらから、順を追って必要事項を記入して行きます。

Googleアカウントの作成

この登録フォームに記入することでアカウントを取得することができます。

Googleアカウントの作成

まず【姓名】ですね。
これはニックネームでも、本名でも結構です。後で修正もできます。

それから次の【ユーザー名】というところ、@gmail.com と後ろに表記されていますが、これが無料のGmail(Gメール) のアドレスになります。

ここは後で変更できませんので、よく考えてアドレスを作ってください。

姓名、簡単な名称、単語、等のアドレスは、ほとんど登録済みとなっていて取得できません。
英文表記やローマ字表記に数字を組み合わせるなど、工夫が必要です。

【アドレス取得例】
「山村一也」の場合「yamamura@gmail.com」は、不可でした。
数字を組み合わせ「yamamura18@gmail.com」もダメでした。数字を多く使えばクリアできますが、ひと工夫「yamamula18@gmail.com」rala として登録できました。

次に【パスワード】(半角・英数字・記号で8文字以上)確認のため2か所入れます。

「目のアイコン」をクリックし、パスワードの打ち間違えの無いように、目視で確認します。

そして [ 次へ ] をクリック。

Googleへようこそ

Googleアカウント登録フォーム

このページでは

【・電話番号(省略可)・再設定用のメールアドレス(省略可)】【・生年月日・性別】を記入します。

今回は、を省略する方法で登録します。

そして、 [ 次へ ] をクリック。

プライバシーポリシーと利用規約

こちらのページでは、規約条項を一読しておいてください。

Googleアカウント-規約

そして、[ 同意する ]をクリック。

Googleアカウントの登録完了とともに、管理ページが現れます。

これで、【Googleアカウントの取得】ができました。

管理画面

管理画面右上の【Googleアプリ】のアイコンをクリックすると、

さまざまなアプリにアクセスすることができます。

Googleアカウント-アプリ

また、アカウントが取得できますとGoogleChrome(グーグルクローム)でGoogleの検索サイトを開いたときに、右上にアイコンが現れ、ご自分のアカウントでいろんなサービスが使えるようになります。

Gmail(Gメール) もこのアイコンをクリックするだけで、自分のメールサイトにアクセスできるようになります。

Googleアカウント-Gmail

これでGoogleのサービスが十分に使えるようになるわけですね。

アカウント管理ページへのアクセス方法

登録後に、アカウント管理画面にアクセスする手順を案内します。

(1)Google検索ページを開きアカウントのアイコンをクリック

Googleアカウント-アイコン

(2)アカウントメニューから 【Googleアカウント】をクリックすると、
指定のアカウント管理ページが開きます。

Googleアカウント-クリック01

(3)別のアカウントにアクセスしたい場合は、 指定するアイコンをクリックします。すると、指定のアカウントが最上部に表示されます。

表示の【Googleアカウント】をクリックします。

(4)指定したGoogleアカウントの管理ページが開きます。

Googleアカウントの管理ページ

Googleアカウント【名前】の変更方法

Googleアカウントの登録フォーマットに記入した【姓名】を変更することができます。
その手順を解説します。

(1)アカウント管理画面、「個人情報」をクリック

Googleアカウント-個人情報

 

(2)個人情報の名前の右「 >」アイコンをクリック

個人情報-名前変更01

 

(3)次に現れた画面の「ペン」アイコンをクリック

個人情報-名前変更02

 

(4)「名前の変更」ボックスで「山村 一也」の【姓】【名】を「やまむら 18」に変更し【 完了 】をクリック

個人情報-名前変更03

個人情報-名前変更04

(5)「名前変更の確認」で【 確認 】をクリック

個人情報-名前変更の確認

 

(6)名前の変更完了

左上の『Googleアカウント』のロゴをクリックすると、アカウント管理画面のトップページに移動します。

個人情報-名前変更完了

管理人の名前が変更されています。

個人情報-名前変更完了画面

*名前の変更は90日の間に3回までとなっています。

【電話登録フォーム】のスキップ方法と背景

はじめてGooogleアカウントを取得する場合、前段の解説通りに進みます。

しかし、短期間に複数のGoogleアカウントを登録すると『電話番号の確認』というフォームが出てきます。

これは、Googleアカウントを短期間に大量に取得し、スパム行為に至ることをチェックするためのフィルター的役割となります。

急がない場合には、1日~数日の期間を空けて登録サイトから登録すると、初期設定時と同様に電話の登録省略で登録できます。

また、『電話番号の確認』フォームが出てきても、番号登録をスキップすることができます。

電話番号登録スキップの手順

短期間に複数のGoogleアカウントを登録すると以下の『電話番号の確認』というフォームが出現します。

電話番号を記入するのは、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、この段階の電話番号記入は「相互確認のため」とお考え下さい。適正な利用で複数アカウントを持つことは禁止されていません。

*電話登録に抵抗感のある方は、数日の期間をおいて、電話登録画面の出ない時に追加登録を試みてください。

スマホや携帯の電話番号を記入し、➋ [ 次へ ] をクリック

Googleアカウント電話番号の確認

登録した電話番号にSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール)で確認コードが送られてきます。G-123456のようにGと6桁の数字で表記されています。

その6桁の番号のみをに記入し、 [ 確認 ]をクリック

Googleアカウント確認コード

『Googleへようこそ』のフォーム

電話番号は表記されたままにしておきましょう。ここで電話番号を消去もできるのですが、消去して[ 次へ ]をクリックすると、なぜか「エラー」になってしまいます。

うまくいく場合もありますが、一定の反応をしません。なので、この段階では電話番号を表記のままにします。再設定用メアドは省略(未記入)でOKです。

生年月日を記入し、性別を選択し、➏ [ 次へ ]をクリック

Googleアカウント-電話記入-スキップ

『電話番号の活用』のフォーム

この段階で電話番号の『スキップ』と『追加します』の選択が表示されます。

Googleアカウント電話スキップ

『スキップ』を選択するとGoogleアカウント上で電話番号は機能せず、電話番号を利用したGoogleのサービス等は使えなくなります。

『スキップ』を選択しても、グーグルへは「アカウントと電話番号の紐付け」がなされますが、表には一切表示されません。

個人情報への懸念を想像する方もいらっしゃいますが、電話番号を介したセキュリティー面でのメリットの方が大きいと個人的には考えます。

例えば、第三者による不正アクセスの回避のための「2段階認証」など、セキュリティーを強化する段階で、電話番号を登録することになりますが、金融機関同等のセキュリティーですので、私の場合は最初から電話番号は登録しています。

数年間使っていますが、不都合なことは一度も起こっていません。
信頼度の高いサービスの一つです。

Googleアカウントの削除

アカウントの削除も簡単にできます。

アカウント管理画面で「アカウントの設定」の 【アカウントやサービスの削除】をクリック

Googleアカウント管理画面-削除

アカウントの設定-削除

 

【Googleアカウントとデータを削除】の右アイコンをクリック

Googleアカウントの削除02

『本人確認フォーム』が表示されます。

確認し問題がなければ [ 次へ ]をクリック

Googleアカウント削除-本人確認

『Googoleアカウントの削除』フォームの下部 2か所のチェックボタンをクリック。

各項目をよく読んで、削除による影響を確認してください。

[ アカウントを削除 ]をクリック。

Googleアカウントの削除03

削除が完了しました。
複数アカウントを持っている方は、以下の表示があります。

[ 再ログイン ]をクリックしてください。
削除されたアカウント以外は、通常通り使えるようになります。

Googleアカウント再ログイン

最後に・・・

さて、Googleアカウントの登録から、名前の変更、アカウント削除までの手順でした。初登録は、以前に比べより簡単になった感があります。

アカウントも一人で複数持てますので、メールの使い分けやサービスの使い分けもできてとても機能的にワークを展開することができます。

個々のアプリやサービスの操作方法は、また別途解説させていただきます。

今回も最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。
价(Kai)