無料画像加工ツール【GINP2.10&2.8】ダウンロードと初期設定|図解徹底解説

GINP_DL_title画像

GINP(ギンプ)のダウンロードとインストール手順を紹介します。

GINP2.10&2.8バージョン

【2.8  バージョン】日本語全対応。
【2.10バージョン】最新バージョン、一部日本語未対応。

動画では『窓の杜(まどのもり)』サイトからGINP2.8.22のダウンロードを紹介しています。

2018年4月時点で[GINP2.10バージョン]が登場し、『窓の杜』サイトも最新バージョンの案内になっています。

でも[2.10バージョン]は詳細メニュー等で、まだ日本語未対応の部分があるんですよね。

入門者には「日本語全対応の2.8バージョン」が分かりやすく、検索上にも多くの解説が存在するので使いやすいと思います。

また、 [2.8バージョン]でも、機能満載ですので、メインツールとして十分使えます。

というわけで、ここでは「GINP2.8.22」と「GINP2.10.」両方のダウンロードとインストールをご紹介いたします。

いずれは、2.10バージョンも全て日本語化されると思うんですが・・・

【GINP2.8.22】のDL&Instと基本設定|動画解説

 

【GINP2.8.22】のダウンロードとインストール|図解

以下をクリックしダウンロードします。

日本語全対応GINP2.8.22
(提供元サイトより)

ダウンロード場所を指定し【保存】をクリックします。

GINP2.8_setup保存先指定

ダウンロードされると「GINP2.8.22-setup.exe」のアイコンが表示されます。
そのアイコンをダブルクリックします。

GINP-setupインストーラ

言語の選択が要求されます。日本語の選択はありませんが『English』で【OK】をクリックします。(日本語仕様になります)

GINP2.8_言語指定

GINP2.8のインストール画面が表示されます。【Install】をクリック。

GINP2.8_Install

インストールが始まります。

GINP2.8_Install02

インストールが完了したら、【Finish】ボタンが表示されますので、それをクリックし完了です。

GINP2.8_Finish

保存場所にGINPのショートカットアイコンが表示されます。

Windows10の場合はスタートボタンをクリックしメニューを開くと[最近追加されたもの]として『GINP 2』の表示があります。

GINP2.8_Windowsスタート画面

『GINP 2』を右クリック⇒[その他]⇒[タスクバーにピン留めする]をクリック。

GINP2.8_ピン止め

すると、パソコン画面下のタスクバーに【GINP】が常時マークされ、アイコンをクリックすることで簡単にアクセスできるようになります。

GINP2.8_タスクバー

GINPのアイコンをクリックすると、スタート画面が起動します。

GINP2.8スタート画面

【GINP2.10.】のダウンロードとインストール|図解

ここでは『窓の杜』からの手順をご紹介します。

以下をクリックしダウンロードします。

GINP2.10.(窓の杜サイト)

窓の杜からダウンロード】をクリックします。【寄付送金】の表記がありますが、無料ですのでご安心ください。

GINP2.10窓の杜ダウンロード

『窓の杜』はWindows系ソフトの紹介サイトで、ソフトごとに簡単な説明と、関連情報が掲載されていてわかりやすく安全なサイトです。

ダウンロード先を指定し【保存】をクリックすると、ダウンロードが開始され完了すると「GINP2.10.-setup.exe」のアイコンが表示されます。
そのアイコンをダブルクリックします。

GINP2.10.8_setup保存先

言語の選択が要求されます。日本語の選択はありませんが『English』で【OK】をクリックします。(日本語/一部英文表記)

GINP2.10.8_言語指定

GINP2.10のインストール画面が表示されます。【Install】をクリック。

GINP2.10インストール

【Next】をクリック。

GINP_2.10インストールNext

インストールが始まります。

GINP2.10インストール02

インストールが完了したら、【Finish】ボタンが表示されますので、それをクリックし完了です。

GINP_2.10インストールFinish

2.10バージョンのスタート画面は以下の表示になります。

GINP-2.10スタート画面

 

【GINP2.8.22】基本機能と操作|図解

GINP2.8_操作画面

GINPを開くと、様々なアイコンが並んでいて「おぉっ!大変そうっ!」て感じですが、これを全部覚える必要はありません。

画像を作りながら、その都度必要な操作だけをマニュアル通りやっていけば結構です。

GINP基本機能とパーツ概要の紹介

GINP2.8_基本機能

【①ツールボックス】
様々な道具、加工ツールが入っています。

【②ツールオプション】
①で選択したツールの詳細設定が表示されます。

【③ダイアログボックス(ダイアログ・ドック)】
ウィンドウやツール等の補助機能として使います。

【④】画像ウインドウ
加工画像の表示ウインドウです。

【⑤メニューバー】
ここには全ての機能が含まれています。

GINP立ち上げの基本操作とベース画面の設定

【ファイル】から【新しい画像】をクリックします。

GINP2.8_新しい画像

新しい画像を作成』のメニューが表示されます。
ここで、制作する画像の基本設定をします。

GINP2.8_画像設定

【詳細設定(A)】をクリック。キャンバスサイズの[px]ボタンをクリック。
単位を「ミリメートル」にするとイメージしやすいでしょう。

[画像サイズ][解像度][塗りつぶし色]を設定します。

GINP_2.8詳細設定
印刷物・プリントアウト等は、解像度が大きいほどきれいに見えます。

しかし、Web上で使う解像度は72ピクセル以上あれば良いとされています。

解像度を大きくするとデータ量が増しますが、パソコン上では表示に大差は見られません。表示動作に影響が出るなどと良いことはありません。

ただし、画像の内容によって、また、スマホメインにと考えた場合には、解像度を少し大きくする場合もあります。

それぞれの設定をしたら、【OK】をクリックします。

これで、ダイヤログボックスの【レイヤー】という場所に、[背 景]という階層が一つできました。これが全体のベースになるんですね。

GINP2.8_レイヤー

こうしたベースの上に、様々な機能を使って画像の加工・編集をしていくわけです。

今回は、画像加工のメインツールとして【GINP(無料)】(2.8ver/2.10ver)のダウンロードからインストール。そして、基本的な設定までの一連の解説をお届けいたしました。

具体的な操作方法は実践編でお楽しみください。
今回も最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

价(Kai)